フラのレッスンノートについては以前も書きましたが、
やはりみんな試行錯誤しているみたいですね。

このブログの検索ワードの上位は、
「フラノートの書き方」「パウスカートの作り方」なんです。
私もこれに関しては、何かヒントが無いか探しましたもんね。
みんな一緒♪

メモフラノートというのは、フラの振り付けの覚え書きです。
楽譜みたいに書き方のきまりはないので、自分がわかればいいんです。
そして別に絶対に書かなきゃ駄目なものでもないです。
身体で覚えられたら、それが1番!だと思います。
書くことには限界があるので・・・

でも記憶はどんどこ薄れていくので、その補助にやはり書いておくと
頼りになります。注意されたこととか、なんでもここに書いてます。
そしてそのときの思い出も閉じ込めて大切な1冊にラブ

クラスに新しく入られた方も増えたし、私のノートをちらりと公開☆

hulanote.jpg

私は基本ノート派。
無印良品の「週刊誌4コマノート・ミニ」を愛用中。
この落書き帳みたいなチープさもお気に入り。
細ペンでがんがん描いていきます。
ファイルには歌詞プリント、以前の振り譜を入れてます。

note1.jpg

このノートは枠があるので、リズムがとりやすいのが利点。
1、2、3、4と4拍分を1つの枠に記入しています。
フリーで描くので自由自在なのがイイ。
枠上に歌詞、イラストは鏡に映った状態の図です。
下にステップ(→→右カホロ)、上にハンドモーション。
自分なりのルールで書いています。
余白に注意事項などをその都度書き足していきます。

難点は見ながら練習するのにはあまり向かないかも。
ノートをめくらないといけないので、途切れてしまいます。

note2.jpg

これは初めに習った1曲だけですが、清書したものです。
A4の用紙にあらかじめ胴体をプリントしたものを利用してます。
(ネットで親切な方が配布して下さってた用紙です。MAHALOドキドキ小
左が正面図、右が上から見た図。両方あると完璧!と思ったのですが、
私の場合、きれいに描くことにすっかり夢中になっちゃって、
練習時間が削られるという本末転倒なことに汗
清書する時間があったら、何度も踊った方がいいなと考えやめました。

こういうプリントをつかうと、腕だけを書き入れればいいので、
イラスト化するのが楽なのが利点。
そして1曲分が数枚ですむので、並べて見ながら踊れますしね。

HH フラ・レッスンノート

こんな専用のノートも売ってます。
使いやすさはわかりませんが、同じものが福袋に入っていたので、
今のノートがなくなったら使おうと楽しみにしてます。
バンドもついてて、持ち運びにもちょうど良さそうな大きさです。

他にも腕の動きだけを書いている人もいるし、本当に人それぞれ。
いろいろ試してみて、自分のスタイルを見つけて下さいね。
ただコピーさせてって言う人、親切にコピーをくれる人がいるけれど、
これは無しかなあと思います。それでちゃんと踊れるとは思えない汗
人のノートは書き方の参考にはなっても、踊りの参考にはなりません。

あと書くのが苦手な人は映像で残す方法もアリ。
最終的にはそれが1番確実なのかなあと思っています。
便利な時代ですね☆